アダルトグッズまにゅある(大人のおもちゃの使い方)

SMグッズ 拘束 調教 プレイ

アダルトグッズまにゅある
トップページ

女性のオナニーまにゅある
バイブレーター
ピンクローター
オナホール
アナルグッズ
ダッチワイフ
セックスサプリメント
ペニス増大・矯正
SMグッズ
コスチューム
ローション
コンドーム
使用前の注意点
安心購入ガイド

人気アダルトグッズ

女性のオナニーまにゅある
人気のラブコスメ
ラブコスメ体験談
人気のランジェリー
女性のオナニーまにゅある
フェラチオ講座
オナニー基礎知識
オナニーの仕方
テレフォンセックス
女性のオナニーまにゅある
チャットレディー講座
チャットレディー募集
女性のオナニーまにゅある
エッチな体験談
エッチな体験談2
体験談募集中
アダルトグッズまにゅある
おすすめサイト
リンク依頼
免責事項
お問い合わせ
はてなに追加
はてなに追加

SMグッズ / SM Goods
1 SMプレイとは 4 拘束グッズ(縄、猿ぐつわ・・・)
2 SMグッズあれこれ 5 拷問とSMプレイは違う
3 SMグッズ(鞭) 6 SMプレイの現在
1 SMプレイとは

SMプレイSM(えすえむ)とは、サディズム・マゾヒズムの略である。(女王様プレイからの連想でSlave(奴隷) & Masters(主人)の略という説もある?)。加虐嗜好と被虐嗜好。

一般には男性と女性が合意のもとに性的な快楽を求めて行う。一方が主人、他方が奴隷の役割を演じ、主人が奴隷を肉体的・精神的に責め、双方がそのことで快楽を得るものである(同性間、あるいは3人以上で行うこともありうる)。DVなど嫌がる相手を一方的に責める場合とは意味合いが異なる。

叩く、つねるといった簡単な方法もあるが、本格的になると鞭や蝋燭、ロープなどのSMグッズを使って相手を責める(必ずしも裸にならなくてもよい。コスプレの要素も含み、あえて着衣で行う場合もある)。肉体的な責めのほか、精神的な恥辱を与えるため、相手を罵倒するような言葉によって相手を責める、普通人前では見せない羞恥感を覚える恰好をさせる、排泄を強要する、小便をかける、第三者に行為を行なうところを見せるなど、様々な責めがある。特にロープ(縄)に関しては様々な縛り方があり緊縛という分野すらある。

責め方には、文化的・民族的な趣味嗜好の違いがあり、一般に欧州人は「ムチ」を好み、日本人は「縛り」を好むという。放牧文化の民族と農耕民族の差とも言われるが、学問的に解明されたわけではない。

サディズムに関するさまざまな描写をした小説を書いたマルキ・ド・サドが、サディズムの語源(当然、サド以前にも、サディスト嗜好の人は存在したことであろう)。マゾヒズムは、19世紀のオーストリアの小説家ザッヘル・マゾッホを語源とする。

推理小説家の江戸川乱歩はいくつかの作品中でSMを描いた。名探偵・明智小五郎の初登場作である『D坂の殺人事件』にもSMプレイについての記述がある。また谷崎潤一郎も『少年』などの作でSMを描いている。またSMの大御所的作家としては『花と蛇』の作者の団鬼六がいる。

金銭対価を得て相手のSMに関する要求に応じる性風俗店(SMクラブ)が存在し、SMの専門雑誌も多く発行されている。SMクラブに勤める女性には、S系の女王様と、M系の女性がいるが、客によって両者を使い分ける女性もいる。本番(性交)は行わないことになっている。



▲上へ

2 SMグッズあれこれ
鞭 ムチ
高貴な女王様のトレードマークである「鞭」大きく鳴り響く鞭の音は、SMプレイの雰囲気をより一層盛り上げてくれる。

縄
SMプレイの本質は拘束である。全身を拘束したり、手枷として使ったりと色々な使い方が出来る。シンプルなSMアイテムですが、SMプレイの雰囲気を盛り上げるには最適。

ローソク
ローソク
SMプレイ用に作られたローソク。火傷しないように低温タイプにできている。また、溶け出したロウは赤く人間の血のようなリアルさがある。

アイマスク
アイマスク
アイマスクは視界を完全に奪われる事で五感が敏感になり、恐怖感とある種の快感が生まる。どこから責められるか解らない、ゾクゾクした感覚を楽しむことができる。


▲上へ

SMグッズ(鞭)

普通のセックスに飽きたり、新しいエクスタシーを求めて、SMにはしるカップルも多いのですが、そのためには用具が必要です。例えば鞭だけでも、次のような種類があります。

乗馬鞭 痛みは少ない。ビギナーでもコントロールしやすく叩く以外のもさまざまな用法がある。なまじのSMショップよりもデパートの馬具売り場の方が手頃なのが見つけやすい。
バラ鞭 革製だけでなく、ラバー製や綿ロープ製のものもある。長時間、軽く打つプレイを楽しむのには最適。六条鞭、九尾鞭などとも呼ばれている。
一本鞭 振り回す部分だけに遠心力がつき、かなり威力がある。使用するにはテクニックが必要。
パドル 主に尻を叩くのに使用される。木製で軽いのは痛みは少ないが木製の重い物や革製のものは、かなりの威力である。
スラッパー 振り回す部分が二本の皮紐になっていて、叩いた時に大きな音がするようになっている。
トーズ 振り回す部分が指の形になっている。
バスタネイド 足の裏側を叩くのに用いる棒。
バーチング 白樺の枝を使った鞭
ケイン 籐や細い竹でできた鞭。上手にコントロールすると変化に富んだ鞭打ちができる。強烈な痛みを与えられる。

ベルト、布団叩き、縄、濡れたタオル、素手で代用することもありますが、いずれにせよその特性を知り、扱いに慣れていないといけません。

日本にはいい鞭がなく、わざわざ本場のヨーロッパまで仕入れに出かけるマニアもいます。しかし、ソフトSMグッズなら、国内のアダルトショップで十分間に合うのではないでしょうか。


▲上へ

4 拘束グッズ(縄、猿ぐつわ・・・)

体を拘束し、その不自由さにより快感を得るプレイ(SMプレイなど)で使う拘束具がある。縄といったシンプルなものから、腕、脚、または口を強制的に開放するものまである。ただし、どのような器具を使うのも自由であるが、そのようなSMプレイは、相手を拘束することによって快感を得る者(S)と拘束されることによって快感を得る者(M)の間には、お互いの信頼関係があって初めて成立するプレイであることを、頭に入れておくべきである。当然のことながら、信頼関係なしでは犯罪である。

手枷
手枷

足枷
足枷

猿ぐつわ
猿ぐつわ

手錠
手錠

ボディクリップ
ボディクリップ

 

縛りには一般に、綿ロープ、麻縄、荒縄が使われます。色は赤、黒、白、紫などがありますが、赤い綿ロープが一番よく使われてるようです。縛りの原点は、相手を捕らえ、動きを完全に封じて苦痛を与えるところにありますが、SMプレイにとりこまれ、それに被虐美が加わったのです。『ある日、突然縛られて』(大谷佳奈子著、大和書房)には、初めての実体験が、つぎのように語られています。

<男にしばれれたのは、私のとって、まったくの予想外だった。
私はベットの上に”く”の字型に転がされていた。手首にかけられた麻縄がじわじわときつくなってゆく。普通こんなに縛られたりしたら、誰でもほどいて欲しくなるだろうが、この日の私は心地よく酔っていた。最初は何だか分からなくなって、私はじっとしていたのだが、じわじわという感触がジンジンと痺れる感覚に変わり始めた頃、「あれっ、これって結構気持ちいいじゃん」という感覚が沸いてきたのである。

(中略)

「こうされたかったんだろ」
縛りながら、普段の優しい口調とは打って変わった、赤の他人に向けて声をかける時のように冷たい声で、男は何回もこのセリフを口にする。それは私に尋ねるというより、場を盛り上げる為の演出のように思えた。だから、私は男に対して、「はい」とも「いいえ」とも言えなかった。ただ、男のやることに身を任せているだけ。私の身体を使って行われている出来事は、まったく予想もできなった。>

SMは、性的興奮だけでなく、知的な興奮もともないます。鞭やローソクや縛りなどを一通りこなしたら、口がきけないようにするラバー製の「猿ぐつわ」、金属製の鋭いギザギザの歯が乳首に噛みつく「わに口式の乳首責め具」や各種の乳首責め具、鼻に鉤のようなのを引っ掛けて後ろに引っ張るノーズプレイ具、さらにさまざまな拘束具などとステップアップしていきます。マニアックなグッズは、SMショップで求めることになるでしょう。

欧米のSMグッズになると、ハードでヘビーなものが多くなります。
例えば、イギリスの地下牢で使われた鉄製の首輪、手枷や足枷などの拘束器具、スウェーデンの囚人用体罰具、フランスの鉄製の貞操帯や鉄仮面、また監獄や精神病院で囚人や患者に使った各種拘束服(ストレイト・ジャケット)のレプリカが発売されています。

さらには牢獄。拷問台までありますから驚きです。

アメリカのカリフォルニア州にあるスパルタカス社のカタログには、拷問、調教、監禁用具の一式が紹介されています。

手枷、足枷、口枷、目隠しから始まって、身体の各部を拘束するストラップとバインダー、上半身を拘束する拘束服、ポンプ・ギャグ、錠前式のペニス拷問具、ペニスを身動きできないように拘束、虐待する「リング・オブ・アゴニー(苦悶の輪)」、囚人護送用の手錠と鉄製連環など、まさにディシプリン(訓練、鍛錬、懲戒、処罰)・グッズのオンパレード。さながら中世の拷問部屋へ迷い込んだようです。


▲上へ

5 拷問とSMプレイは違う

縛り、鞭打ち、火責め、三角木馬・・・・・といった現在行われているSMプレイの多くは、かつての拷問の技法を伝授したものです。日本で拷問と刑罰が体系的にできあがったのは、江戸時代ですが、つぎのような拷問がありました。

縛敲
罪人と思われる人物を後ろ手に縛り上げ、割った竹を束ねた苔で叩く。
石抱き
三角形になった松材を5本並べた上に罪人を座らせ、1枚13貫(約50kg)の板状の石を膝の上に重ねていく。
海老責め

顔面と足首が密着するまで身体を屈曲させて縛り上げて放置する。数10分もすると全身に血行障害を起す。

吊るし
後ろ手に深くクロスさせて縛り上げ、吊るしておく。さらに苔で叩くこともあるが、縄のよりを利用して回転させて責めたてる「敦河問い」というのもあった。

その他、水車を使った拷問や私刑もありましたが、とりわけ目立つのは縛りです。室町時代に中国から伝わった捕縛術が、江戸時代には衛盛をきわめ、縛りの型も300種類以上あったといわれています。それに比べて中世のヨーロッパでは、つぎのような、人体を固定して、叩き潰し、ときには切り裂き焼くという凄絶な拷問が行われました。

親指責め
鉄製の拷問器具に親指を挟み、ネジで締めつける。
梯子責め
両手を細めのロープで締めつけるように幾重にも縛り上げ、盛り上がった肉の部分を殺ぎ落とす。その他には、鉄の処女、スパニッシュブーツ、鉄仮面などがありました。

日本では、縄や青竹、木石を使って、持ち前の手先の器用さと職人芸をいかしてジワジワと精神的、肉体的に責めたてる技法でした。それに対してヨーロッパの拷問は、鉄製の大げさな用具を使い、粗暴に人体破壊まで突っ走るものだったのです。その違いが現在のSMプレイに色濃く投影しています。



▲上へ

6 SMプレイの現在

ほとんどの人は、痛みや苦痛を嫌います。しかし、エクスタシーを得るために激痛や苦痛を必要とする人もいるのです。

それを苦痛淫楽症(アルゴラグニー)といっていますが、「拷問はすべて、何らかの形の人間の苦痛に依頼しているが・・・・・人体の耐えがたい苦痛を感じると、自然のモルヒネが分泌され、極限状態ではもはや苦痛も打ち消されてしまう」とジョン・ミネリーは『ザ・殺人術』の中で書いています。

また、脳性理学の実験でも、痛みや苦痛は、性的欲望を覚醒させる起爆剤になることも分かっています。「”苦痛の刻印”が刻みこまれ、そのうえで爆発的にエクスタシーを極めるのがSMプレイでしょう。激しく鞭打たれ、いじめいたぶられると、高いところへギリギリ上りつめ、そこから一気にギューンと落下するというか、別の世界に引きずりこまれるみたいに神秘的な恍惚状態に陥ります。もちろんストレスなんて、軽くすっ飛んじゃいますよ」とあるマゾヒストはいいます。

一方、パートナーであるサディストは「何といっても叩いたときの、相手の身体の反応、苦痛から快楽へ、不安から安堵へとめまぐるしく変化する表情、そしておびえた目、流す涙をみたいのです。そっと鞭で身体を撫でたり、思いっきり床や家具を叩いて乱暴な音をたてたらい、素振りをして鞭が空中を切る鋭い音を聞かせたりして脅し、恐怖心をあおりたてます。そして鞭で叩く時は、お前は人間ではない、奴隷だ、こんなみっともない姿で恥ずかしくないのか、お前はブタだバカ犬だ、便器だ、と言い聞かせて、思いっきり恥ずかしい姿をさらけださせます。トコトン屈辱感、羞恥心をもてあそぶのです。主人と奴隷の立場であることを思い知らせ、同時に叩かれる愉悦を教えこむことによって、私ははじめて満たされるのです」といいます。

閉鎖した社会状況もあってかSM愛好家は確実に増えています。10年ほど前からはじまったSM人気も、ようやく落ちつきをみせ、それなりに市民権を得たといってもいいでしょう。

日本の女王様は、きゃしゃで黒髪という東洋的神秘さもくわえて、芸術的な縛りもできるので、SMの本場ヨーロッパでも、”ジャパニーズ・ミストレス”として、すごい人気だそうです。


▲上へ


HOMEへ戻る バイブレーター ピンクローター オナホール
アナルグッズ ダッチワイフ SEXサプリメント ペニス増大・矯正
SMグッズ コスチューム ローション コンドーム
使用前の注意点 安心購入ガイド 人気のグッズ  

 

Copyright (C) 2006-2007 アダルトグッズまにゅある(大人のおもちゃの使い方)All Rights Reserved


アイマスク
ふわふわアイマスク
ふわふわアイマスク

¥421(税込)
豹柄模様や皮生地などの本格的なアイマスクとは違い、こちらは新幹線などの移動時の利用も可能なポピュラーなタイプ。

豹柄アイマスク
豹柄アイマスク

¥325(税込)
豹柄のアイマスク。価格が安く肌触りがソフトで初心者に最適です。まんねりSEXの解消に価格以上の力を発揮する隠れた人気商品。

拘束グッズ

ニップルベル

¥650(税抜)

穴をあけずに乳首やクリに装着するピアスです。身悶えする度にチリンチリンと鈴の音がエロティックに響きます。


「玉口枷」(ボールギャグ)です。玉の穴から涎が垂れて。羞恥プレイに使えます。


カンが付いてますのでチェーンをつけたりリングをつけたり他の拘束具と合体させたり自由自在にアレンジ可能です。


カンが付いてますのでチェーンをつけたりリングをつけたり他の拘束具と合体させたり自由自在にアレンジ可能です。


高性能な耳栓
高性能な耳栓

¥189(税込)

視覚を奪い、他の五感を刺激し感度と興奮を高めるアイマスクはすでにご存じの事と思いますが、今回NLSが提案するのは、アイマスクと併用の上、同様の考え方から更に聴覚をも奪う耳栓。


ベッド4点拘束カフス
ベッド4点拘束カフス

¥1,519(税込)

足ありベット、マットレスタイプ問わず使用可能。 手枷足枷もフック付きで着脱も簡単。


エレクトリック
老舗ブランド、ZEUS(ゼウス)のコントローラー。粘着バッド2つ付属。別売品のオプションがいろいろ用意されています。

ボディクリップ
重量感ある、リング付のニップルクランプ。乳首責めに。

新・木製豆つまみ
新・木製豆つまみ

¥252(税込)

乳首やラヴィアに挟んでもその甘噛み具合が刺激的と定評を頂く豆つまみ(竹)が木製素材になってリニューアル。


拘束テープ
究極のボンテージテープ
究極のボンテージテープ

¥1,029(税込)

手首や足首などの拘束はもちろん、目隠しやグッズの固定と、マルチに活躍する万能テープです。


やさしいマルチバンテージ
やさしいマルチバンテージ

¥302(税込)

SMジャンルでつねに上位人気をキープしているのが、NLSプライベートブランド商品である「マルチボディバンテージ」。


SM用 鞭
低価格・ハイクオリティーを目標としたレザー&メタルシリーズより、いつものプレイをより盛り上げる「カット・バイ・ブロウズ「SM」」が登場しました!!

SM用 ローソク

溶け出したロウが出来る限り低温になるよう製造された、SM専用ローソク。人間の血と全く同じ色というリアルさが、一層雰囲気を高める。プロ愛用の、SMプレイに欠かせないアイテム。


Love cosmetic
ラブグッズ
 
ローター・バイブ・ローション・ラブコスメなどのラブグッズが勢揃い。
セクシャルヘルスケアのラブコスメティック。

ラブコスメ体験談

実際に商品を買って使っている人の声ってとても気になりますよね。ラブコスメ体験談は、ラブ・コスメ&ラブ・グッズを使われた方の、本当の声がたくさん聞けて、とても参考になります。


女性のえっちマガジン

ラブコスメティックのメルマガは、女性が安心して読めるメールマガジンです。体験告白や、テクニック、その他、人は言えない悩みの解決策などの内容も読んでいて為になります。


お悩み別で探す

バストアップ、黒ずみ、オリモノ、ワキの臭い、ムダ毛、不感症など女性のデリケートな体の悩みの解決法、役立つアイテムの使用法を、同じ悩みを持つ体験者の声と共にご紹介します。